会計ソフトって色々あるけど、どう違うの?

個人向けか一般企業向けか


経理が必要になるのは、まずは一般企業があります。多くの従業員が働いていて、経理部などで経理業務を行っています。それ以外には、非常に小さい規模での事業があります。個人事業主であったり、一人で株式会社を運営するケースです。多くの従業員がいるような会社だと、毎日のように沢山の取引量があります。会計ソフトを使うときも、たくさんのデータを扱えるものを選ばないといけません。一方、個人事業主だとそれほど取引はありません。販売業などだと毎日のように売り上げが上がりますが、一般企業に比べると少なくなります。それほど多くの仕訳データを記録しないので、小規模のシステムでも問題ありません。多くのデータを扱えるか、少なめのデータになるかがあります。

無料タイプと有料タイプの違い


パソコンで利用するソフトは、有料のものと無料のものがあります。一般的には有料のものになり、パソコンショップや家電量販店で購入したり、ネット上からダウンロードをして購入します。無料のものもダウンロードが可能です。会計ソフトにも有料版と無料版があります。同じ会社のものでも有料版と無料版があります。違いとしては、使える機能が異なります。有料版は全機能が使えますが、無料版は使える機能に制限があります。無料版は、一定期間は有料版と同じ機能が使えるものの、その期間が過ぎると使えなくなります。同じ機能を使い続けたいなら有料版に移行しないといけません。有料版の多くはサポートがついていますが、無料版はあまりサポートは手厚くありません。